オナホの種類

オナホの種類|オナホール購入Navi

 

このカテゴリーでは「オナホの種類」を解説しています。一言でオナホールと言っても様々な種類が存在し、初心者は「どれを購入すれば良いのか分からない」状態に陥る事が多いのが実情です。ここではそんな「オナホの種類」について、初めてオナホを購入する初心者にも分かりやすいように詳しく解説しています。

【記事一覧】オナホの種類

メディアにも取り上げられる、一番有名なオナホの種類であるTENGA(テンガ)。このTENGA(テンガ)によってオナホールの存在を意識し始めた男性も多いと思います。デビューには最適なオナホ言えますが、その特徴などを知らない人が多いようです。そんな意外と知らないTENGA(テンガ)を特徴などを紹介しています。

使い捨てオナホはオナカップとも呼ばれ、開封後すぐに使える便利なオナホールの種類。価格は殆どが500円以下のワンコインで購入でき、1回だけの使用を目的として作られています。その為、使ったらサッと捨てられるのが最大の魅力と言えるでしょう。ここでは、そんな使い捨てオナホ・オナカップの特徴を紹介しています。

一般的にオナホと言えば、このハンドオナホールの事を指し、最もスタンダードなオナホの種類です。500〜4000円程度と広い価格帯を持ち、素材や内部構造などで大きく変わってきます。使い捨てのTENGA(テンガ)とは違い、何回も使えるコスパの良い商品が多く存在します。ここでは、そんなハンドオナホの特徴を紹介しています。

一見キワモノと思わえる女性の口を模したオナホの種類であるフェラホール。しかし普通のオナホより「フェラホールの方が良い」というファンがいる程その実力は本物。口で行うオーラルセックスのフェラチオをコンセプトとして高い人気を集めています。ここでは、そんなフェラホールの特徴を紹介しています。

一見キワモノと思わえる女性のおっぱいを模したオナホの種類。オナホールというカテゴリーには属していますが、見た通り穴は無く、パイズリを楽しむ為のオナニーグッズ。このおっぱいオナホールを使えば、非常に簡単に気持ち良いパイズリが楽しめると言えるでしょう。ここでは、そんなおっぱいオナホの特徴を紹介しています。

数あるオナホの種類の中で最高峰と言えるのがこの大型オナホ。女性の身体のパーツを再現しており、実際のセックスの様に腰振りオナニー楽しめるのが人気の秘密。材料費が掛かり価格が高いのがネックですが、長持ちをするのでコスパが良いのが救いと言えるはず。そんな大型オナホールの特徴を紹介しています。

電動オナホは電動で動くオナホの種類。自分の手で上下にシコシコするのではなく、サイクロン(回転)、自動ピストン、亀頭への振動と刺激のパターンも様々。その殆どが手放しで超高刺激を得る事が出来る夢のオナホール。ここでは、そんな電動オナホの特徴を紹介しています。